IEAT沿革

台北市進出口商業同業公会は1947年に設立されました。会員企業は現在6,200社余りに上り、その内訳は、製造業が1,300社弱、輸入業者が約3,500社となっており、台湾全土の主要都市に分布しています。貿易総額に会員が占める割合は約40%、会員による雇用者数は60万人に達します。また、世界各国152の重要な商工団体と、姉妹提携を締結しています。台湾最大の組織であり、台湾で最も影響力がある商業団体の一つとなっています。
本公会は常に政府と貿易業者間の橋渡しを担っています。業界の共通認識を統合して各種政策提言を行い、会員の権利と利益を確保し、また積極的に企業のグローバル市場開拓を支援しています。

    IEAT 紹介動画

跨境經貿 · 接軌世界

IEAT 案內パンフレット

詳細はこちらから

携帯版